太陽光発電とオール電化

最近では、テレビなどでオール電化という言葉を耳にした事があるのではないでしょうか。

オール電化とは、言葉の通りに家庭で使うエネルギーを全て電気で賄うといった手法ですが、通常であれば、お湯を沸かしたり料理をしたりする際にはガス代がかかるものですが、オール電化にすれば、ガス代が不要になるのです。

しかし、ガスで賄っていたものを電化にするので、もちろん電気代は上がる事になりますし、太陽光発電などとセットで取り付けるのが基本となります。

そもそも、オール電化が普及させようとしている理由としては、ガスを使わない事で火事などのリスクを減らす事が挙げられますが、環境問題の視点もあるのです。

オール電化と太陽光発電を安値で設置する事により、地球温暖化の大きな原因になっている温室効果ガスを減らす事につながるのです。

ちまたでは、太陽光発電やオール電化にしても、そんなに得はないと言った声もあがっていますが、もしも、費用対効果的にとんとんだったとしても、環境問題の解決には繋がるので、導入する方が増えるのは喜ばしい事です。

太陽光発電比較探検隊|太陽光発電量をメーカー別に徹底比較